【導入事例(NW)】株式会社坂井商会様

 

 

 

 

 

ネットワークを整備してIT運用を安定化!


KSPではシステム開発以外でもインフラ系・ネットワーク再構築といった案件もお受けしております。今回はネットワークを整備した事例をご紹介します。

ネットワークの重要性

企業にとって通信速度が速く、安定しているネットワークの構築は、業務を円滑に進めるために必要不可欠な要素です。
ネットワークとは?初心者にもわかりやすく解説 | NTTコミュニケーションズ 法人のお客さま
より一部引用
https://www.ntt.com/business/services/network/internet-connect/ocn-business/bocn/knowledge/archive_100.html

導入経緯、必要性

  • NASの共有フォルダへ急にアクセスできなくなる等の不具合が続いていた。NASの設定変更と設置位置を移動させるためにもLANケーブルの敷き直しが必要であった。
  • フロア全体のレイアウトも変わっており、LANケーブルを敷き直して適正な場所にHUBを設置させることで、PC増設時にも対応できるようにしておきたい。
  • ネットワーク機器で老朽化されているものを更新したい。不要な無線APも残ったままになっていた。社長室にも無線APを設置したい。そのため、LANケーブルの配線を見直しする必要があった。

選定ポイント・決めた理由

  • KSPに販売管理システムを依頼しており、ネットワークや運用保守面でも保守サポート対応を依頼していた。こういったネットワーク工事関連でもKSPが相談に乗ってくれた。会社の中がわかっているため、任せやすかった。
  • KSPの取引先でネットワーク工事が得意なの協力会社があり、比較的リーズナブルな見積金額であった。また、ネットワーク機器はこれまで自社で調達していたが、今回はCisco製スイッチングHUBを導入となった。


(Before -工事前)


(After -工事後)
・SVR(サーバ)とAP②を撤去、NASを移動
・HUBを入れ替え(赤枠)、赤点線はお客様側にて調達

導入効果、良くなったところ

  • LANケーブルの経路がわかるようになり、HUBが更新されてPC増設も対応できるようになった
  • NASの位置を移動させることで、HUBでカスケード接続せずにルーターに近い位置に設置させることができた。また、この機会にNASの共有アクセス権限の設定を見直した。また、ファームウェアのアップデートをおこなった。結果としてネットワーク接続が安定化されて、接続できないといった運用トラブルの頻度が下がった。
  • 不要な無線APを撤去したため、スペースやHUBのポートが空いた。また、必要な社長室に無線APを設置し、スマホ等でオンライン会議をスムーズにおこなえるようになった

期待すること、課題事項

  • 社内サーバをクラウドへ移行していっております。セキュリティ面も大事ですが、運用スピードが落ちるのは困ります。運用レベルに応じた良いセキュリティシステム、オンプレミス&クラウドといったハイブリッド型での提案に期待しています。
  • 大容量データの積算・入札システム、CAD図面データを保存することがあり、外付け(クラウド環境等)で一元管理ができたら良い。今は各個人のローカルに保存している。
    ゆくゆくはフリーアドレスに対応していきたい。テレワークでも安心して仕事ができるネットワーク環境としていきたいです。

お客様情報

社名   株式会社 坂井商会
設立   1971年10月
資本金  2,400万円
代表者  代表取締役 坂井 征司
事業内容 土木資材製造・販売・エクステリア資材販売・施工
URL    http://www.sakai-syokai.co.jp/

 

 

 

 

(代表取締役 坂井征司様)

お問い合わせ

KSPから無料で診断を受けませんか?

システム導入前の無料診断、デモやWEB商談のご依頼はこちらのフォームより、お申込みください。
ヒアリングの上、最適なシステムを提案させていただきます。